キャンプ道具

キャンプ道具


自然と触れ合うアウトドア            〜キャンプ日記〜 

 キャンプ 道具


スポンサーリンク



自然と遊ぶアウトドア旅行 -TOP-キャンプ道具




TOP
キャンプをする季節
春のキャンプ
夏のキャンプ
秋のキャンプ
冬のキャンプ
神奈川県のキャンプ場
東京都のキャンプ場
埼玉県のキャンプ場
山梨県のキャンプ場
千葉県のキャンプ場
群馬県のキャンプ場
栃木県のキャンプ場
茨城県のキャンプ場
静岡県のキャンプ場
その他のキャンプ場
キャンプの基礎知識
キャンプのマナー
キャンプの知っ得情報
キャンプ用語集
キャンプの楽しみ方
キャンプ道具
持ち物チェックリスト

スポンサードリンク



お勧めリンク集
相互リンクについて







キャンプ道具


キャンプ道具はたくさんあるけれど、

いったい何が必要なのでしょう。


キャンプ道具に「絶対に必要な物」は

ないので、何を用意すればいいのか

難しいところです・・・


それぞれのキャンプスタイルによって、

必要な道具も大きく変わってきます。


まずは、日常で使っているものを

そのまま使う事を基本に、

家庭にある品物で利用できる物は

取りあえず利用しましょう。

それでも不便を感じるのであれば

購入すれば良いと思います。


ここでは、あれば便利だなと思う道具を

ご紹介します。

ただ、どうしても買い揃えないと

いけない!と、言うことでは

ありませんので、最初からあれも

これもと、揃えてしまうのではなく、

何度かキャンプを経験してくうちに、

「あれがあると便利」

「あの道具は必要だな」など、

少しずつ少しずつキャンプ道具を

揃えていくのもキャンプの醍醐味の

ひとつとも言えます。


無ければ無いで意外と

なんとかなるものです。


また、昔にくらべて最近では

キャンプ場のレンタル品も

充実してますのでレンタル品を

利用するのもありですね。


キャンプは自然の中に快適な

居住空間を作り出すわけですから

便利な道具があった方が快適な

キャンプが過ごせますが、

欲しいと思った道具を安易に買うのは、

お金は結構かかるし、

アッという間に保管しておく場所だって

いっぱいになってしまい、

増えた道具の分だけ準備も大変で、

一つ一つの道具を使いこなすために

正しい使い方を覚えるのにも

時間がかかります。


せっかく買い揃えたのに一度も

使わない、めったに使わないなど

と、いうことにならない為にも

欲しい道具はじっくりと検討してから

購入するのが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
キャンプの楽しみ方 持ち物チェックリスト

テント
ドーム型テント
ロッジ型テント
ツェルト
テントのサイズ(床面積、収容人数、高さ)
テントの収納サイズと重量
テントの機能性(耐久性、防水性、通気性)

タープ
ウイング型
ヘキサゴン型
レクタングラー型
スクリーン型
カーサイド型

テーブル
構造:ロールアップタイプ
構造:フォールディングタイプ
構造:セパレートタイプ
機能性:収容人数(サイズ)収納性安定性
素材・価格

チェア
収納方法:ディレクタータイプ
収納方法:コンパクトタイプ

シュラフ
シュラフのタイプ:封筒型
シュラフのタイプ:マミー型
シュラフの中綿:羽毛(ダウン)
シュラフの中綿:化繊
シュラフのサイズ
収納サイズ
シュラフカバー

クッション類
マット
ウレタンマット
エアマット




随時更新していきますのでしばらくお待ちください。
ランプ類
防寒着
ストーブ・コンロ
クーラーボックス
ジャグジー
食器セット
トング
調理器具



Copyright(C)自然と遊ぶアウトドア旅行All Rights Reserved.