キャンプ道具【テントのサイズ(床面積、収容人数、高さ)】

自然と触れ合うアウトドア            〜キャンプ日記〜 

 キャンプ道具【テントのサイズ(床面積、収容人数、高さ)】


スポンサードリンク



キャンプ道具【テントのサイズ(床面積、収容人数、高さ)】



収容人数とは、大人1人分の就寝スペースの基準値を定めた

JIS規格に従って表示されているので、


寝室の床面積だけを対象とした数値であり、テントの広さを

総合的に評価したものではありません。






TOP
キャンプをする季節
春のキャンプ
夏のキャンプ
秋のキャンプ
冬のキャンプ
神奈川県のキャンプ
東京都のキャンプ
埼玉県のキャンプ
山梨県のキャンプ
千葉県のキャンプ
群馬県のキャンプ
栃木県のキャンプ
茨城県のキャンプ
静岡県のキャンプ
その他のキャンプ
キャンプの基礎知識
キャンプのマナー
キャンプの知恵
キャンプ用語集
キャンプの楽しみ方
キャンプ道具
持ち物チェックリスト
アウトドア料理

スポンサードリンク



お勧めリンク集
相互リンクについて




例えば、4人用のテントを4人で使用しているのに窮屈に感じることもあります。

これは4人が横並びなって寝られる人数ではなく、3人が横並びに寝て、3人の

頭上側、もしくは足元側に1人寝ることを想定している人数なのです。


単に何人用という人数だけでなく、寝るときのスタイルがどうなっているか、

荷物はどれぐらいあるのかをチェックしてみて下さい。


快適さを求めるなら、大体、使用人数+1人程度、荷物を置くスペースなどを

考慮するなら、大体、使用人数+2人程度、で考えると、ゆったりと寝れます。


床面積に比べて見落とされがちなのがテントの高さです。

天井が高いと実際の居住面積よりも広く感じます。

圧迫感がないというだけでなく、頭が当らずに、立ったままテント内を

移動できるので楽です。


また、テントの中では照明ランプを吊り下げたりする必要が有りますから、

天井の高さは、身長+15cm程度はほしいところです。

テントのタイプ:ツェルト テントの収納サイズと重量

Copyright(C)自然と遊ぶアウトドア旅行All Rights Reserved.