キャンプ道具【タープ スクリーン型】

自然と触れ合うアウトドア            〜キャンプ日記〜 

 キャンプ道具【タープ スクリーン型】


スポンサードリンク



キャンプ道具【タープ スクリーン型】


キャンプでは、ほとんどの時間をタープの下で過ごすことが多いので、

皆がくつろげるリビングといったところでしょうか。


晴れた日には強い日差しを避け、強い雨の日からは身を守る空間です。

タープの下は、食事を作るキッチンであり、食事いただく

ダイニングにもなります。


タープ(天幕)は必ずしも必要ではありませんが、設営しておくと

雨や風、夜露や強い日差しを防ぐ道具として便利です。

ただ、オートキャンプではサイトに空間を作り出すアイテムとして

必需品とされています。


タープといってもいろいろなタイプがありますので、用途や使用人数、

色や形、価格などを考慮し、自分のスタイルにあったタープを

探して下さい。

ここではどんなタープの種類があるのかを紹介します。







TOP
キャンプをする季節
春のキャンプ
夏のキャンプ
秋のキャンプ
冬のキャンプ
神奈川県のキャンプ
東京都のキャンプ
埼玉県のキャンプ
山梨県のキャンプ
千葉県のキャンプ
群馬県のキャンプ
栃木県のキャンプ
茨城県のキャンプ
静岡県のキャンプ
その他のキャンプ
キャンプの基礎知識
キャンプのマナー
キャンプの知恵
キャンプ用語集
キャンプの楽しみ方
キャンプ道具
持ち物チェックリスト
アウトドア料理

スポンサードリンク



お勧めリンク集
相互リンクについて




スクリーン型

タープと言うよりは、床布のないテントと言ったほうが良いでしょうか…

一般的に四方を囲まれた長方形になっており、ロッジ型テントと似ているので、

有効面積が大変広く、空間が大きいので、居住性は抜群。

ファスナーを閉めることによって、

急な天候の変化や風雨に対しても、

問題なく対応できます。

ただ、硬いフレームを使用しいるので設営・撤収に時間がかかり、搬送も大変。

雨の日などはタープ内で作業が出来るので大変便利なのですが、その分、

荷物としては大きくて重いので収納時はかさ張って困ることも。

また、サイト面積の狭いキャンプ場ではレイアウトに苦労します。


屋根以外の周りの全面にがメッシュなどの素材がほどこされていているので、

夜間は虫除けなどに大変有効で、虫などに悩まされることはないでしょう。

晩秋から初春の寒い時期は、クローズすることで防寒対策もできます。

レクタングラー型 カーサイド型

Copyright(C)自然と遊ぶアウトドア旅行All Rights Reserved.